瞳を閉じれば(3)

 瞳を閉じれば いつでも会える
 優しい笑顔に いつでも会える
 心の中に いる君だから

画像


 グリスマスの日に我が家に来たイヴは、すぐにnazunaファミリーのアイドル
 翌日の散歩は、誰がリードを持つかの奪い合い
 結局、最後はじゃんけんで決着して、家族総出で散歩に出発
 始めての散歩は、賑やかにnazunaファミリー御一行様のおとぉ~り~!
 
画像


 新しい家族を迎え入れたnazunaファミリーの冬休みは、益々賑やか
 朝の、「おはよ~! イヴ~!」 に始まって
 「イヴ~! お散歩に行こう~!」
 「イヴ~! ご飯だよ~!」
 「イヴ~! 遊ぼう~!」
 「イヴ~!」
 「イヴ~!」

 冬休みが終わると、子供達は学校へ
 散歩も身の回りの世話も、志津代母さんが独り占め
 イヴと母さんの信頼の絆は、日に日に太くなっていきました

画像


 散歩や食事の時間が近付くと、イブは母さんの足元にまとわりついて催促
 母さんが準備を始めると、嬉しくてクルクル回って喜びを爆発

 オヤツの袋を開ける音が聞こえようもんなら
 嬉しくて嬉しくて、部屋中を全力疾走して喜びを大爆発させます

画像
 

 nazunaでのイヴは、愛らしく、ファミリーのアイドルでした
 でも基本的には、人嫌い、犬嫌い
 散歩の時には、「かわいい~!なでさせて~!」と、よく声を掛けられましたが
 知らない人に触られると、イヴは怒りました

画像


 nazunaに来るまでの生活環境はわかりませんが
 イヴを保健所から救出したY子さんによると
 「子供を生むだけ生まさせられて、ブリーダーに捨てられたようだ」
 悲しいことです

 どんな理由で捨てられたにせよ
 イヴの人嫌い、犬嫌いは、捨てられたショック(ストレス)のように感じていました
 こんなに良い子を捨てるなんて・・・
 信じられません

画像


 でも、
 nazunaファミリーにとって、イブが家族の一員になってくれたのは本当に嬉しいことでした
 ファミリーを癒してくれて、楽しましてくれて、かけがえのない子でした

 父さんが食卓の前に座ると、脇に寄り添ってきます
 父さんが無関心でいると、お腹を全開にして
 「ナデナデして~」

 娘がタオルを持って「あそぼ~!」と誘えば、2人で綱引き

 息子がオヤツのレバーを持つと、目の前に猛ダッシュ
 息子が「ジャ~ンプ!」と声を掛けると、見事なジャンプを見せてくれました

 末娘はライバル

 3番目の娘の部屋はいこいの場所

 想い出は尽きません
 
画像


 イヴちゃん
 素敵な日々を有難う
 nazuna

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック