テーマ:シッT閑話

オカメのキキ、うた、プリモ、でか&セキセイのココ、プニ!

右側のセキセイはプニくん。 さーて、左側のオカメは誰かな~(笑) ほんとは後ろにあるシードを啄(ついば)んでいたのだけれど、カメラに気付いてこの位置に。 フラッシュで色が飛んじゃってますが、いたずら大将のプリモのようです。 プリモだけ色が違うのですよ~。元の色は下の写真です。 振り向きざまの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【シッT閑話】犬のきもちレポート4 - 続・コミュニケーション

前回、犬(動物)が人の「内面のエネルギー」を読み取り「反応」しているということをお話しました。 動物たちのコミュニケーション方法は、言葉に頼る人間とは違って実にシンプルなのですね。 そのエネルギーが心地よいものであるのか、そうでないのかで、単純に反応しているだけなのです。 逆にとらえてみると、犬はじっと人の反応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【シッT閑話】犬のきもちレポート番外編 - 老犬タロウ

2年半前に一度ご紹介したタロウのその後です。(上の写真はその頃のもの) 2009年5月、15歳になる年にタロウと初めて会いました。 Tがシッターを始めて間もない頃で、初めてのワンちゃんでした。 すでに老犬の域にあったタロウのシッター初日は、なんとお散歩に連れ出せなかったのですよ><; リードを付けようとすると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【シッT閑話】犬のきもちレポート3 - コミュニケーション

さて今回は、しつけに役立つコミュニケーションについてお話しましょう。 人はついつい言葉で話しかけてしまいますが、犬はどれくらい理解できるのでしょうか。 犬が、相当数の物の名前を覚えたという実験結果がありますが、それで会話ができるというものではありません。 そこで上の動画です^^ とっても可愛いいんだけど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【シッT閑話】犬のきもちレポート2 - 母犬のしつけ

上の動画をご覧下さい。 母犬が子供をしつけている様子ですが、ここに大きなヒントがいくつか見て取れますよ。 短い動画なので前後の様子までは分かりませんが、推察交えて説明してみますね。 子犬たちが何やらもめてましたね。 群れの中では、こうした行為は嫌われます。 そこでさっそく母犬(リーダー)からのダメだしが…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【シッT閑話】犬のきもちレポート1 - リラックス + 安定

長らくご無沙汰してしまいましたが、心機一転、また時々おじゃまいたしますよ。 まずはその間にお勉強した、犬の心理についてのレポートをシリーズでお届けしたいと思います。 愛玩動物の中でも、特に、犬と猫はヒトとの歴史が1万年を超えており、そのつながりは他の小動物とは一線を画しています。 要するに、ヒトと仲良くできる遺伝子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャイなニャンコと仲良くなりたい<シッT閑話vol-3

ニャンコにとっては赤の他人なシッターとの二人きりタイム。ただでさえシャイなニャンコには、さぞかし鬱陶しいことだと思います。 ですがそんなシャイなニャンコとも少しでも仲良くなりたい。そしたらきっと、少しでも楽に過ごしてもらえるはず。なーんて理屈は後付けの格好付け。単純に素直に、物陰に潜むニャンコの顔が見てみたい。Tを怖がらな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偶然のなごなごカット<シッT閑話vol-2

なんとも愛らしいリス。これは、カナダのバンフ国立公園で撮られた旅行者の記念写真だそうです。セルフタイマーの音に好奇心をくすぐられ、いいタイミングで写りこんだのですね。 ■主役は僕?写真に飛び入り参加のリスが大人気 http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2632206…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「シッT閑話」からのお知らせで~す

こんにちは!お久しぶりのシッターTです! これまで、たま~にちょこっとだけの登場でしたが、これからはもう少し頻度UPさせてもらうことになりましたよ^^ はてさて。どんなお話ができるのか、「当たって砕けろ」というところですが・・。砕け散ってしまわないよう、頑張ってみますね。<だ、だいじょーぶか!? えーっと。で。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more